ラベンダーが枯れたかどうか判断する方法は?枯れたらどうする?

2022年9月25日

ラベンダーが枯れたかどうか

ラベンダーが枯れたかどうか判断する方法は?

ラベンダーの枯れた枝はカットする?

ラベンダーが枯れたらどうすればいい?

こんなラベンダーの枯れに関する疑問についてご紹介いたします。

ラベンダーが枯れたかどうか判断する方法は?

ラベンダーが茶色くなってしまったり、葉がポロポロと落ちてしまう。

もしかして枯れてしまったのではないかと不安になる瞬間です。

ラベンダーが枯れたように見える原因は2つあります。

  • 生育環境が合っていなかった
  • 木質化してきた

ではひとつずつ見ていきましょう。

生育環境が合っていなかった

ラベンダーは乾燥した環境を好み、蒸れに弱い植物です。

土の水はけが悪かったり、枝が混み合ったりなど風通しが悪い環境だと枯れてしまいます。

一方で乾燥を好むからといって水を切りすぎても、水分不足により枯れてしまうこともあります。

木質化してきた

実はラベンダーは低木樹木に分類されています。

そのため、植えてから年数が経つと株元から木質化してくるのです。

木質化とは枝の表面が木の幹のように茶色く太くなってくることです。

色だけ見るとまるで枯れてしまったかのように見えますが、実際は枯れておらず元気に育っています。

枯れたように見える2つの現象ですが、本当に枯れてしまったのか見分けるためには枝元をカットして断面の色をチェックする方法がおすすめです。

木質化しているだけの場合は断面が緑色をしています。

環境が合っていなかった場合は厳しいことが多いですが、緑色の部分が少しでも残っていれば生きている証拠。

ラベンダーにとって心地よい環境に整えてあげれば復活する可能性があります。

他の枝も同様に切り戻して様子を見てみてください。

断面が完全に茶色くなっていたらその枝は枯れてしまっているので、どんどん取り除きましょう。

ラベンダーが枯れたかどうかは見た目だけで判断しないことが大切です。

ラベンダーの枯れた枝はカットする?

断面を確認して生きていることが分かった株にも、完全に枯れた部分があるでしょう。

枯れた枝をそのままにしていると風通しや日当たりが悪くなり、良いことはありません。

上手く復活させるためにも枯れた枝はカットしましょう。

生きている枝は株元から5センチ位まで切り戻しておくと良いですよ。

その他、枝だけでなく枯れてポロポロと落ちた葉も拾っておきましょう。

落ちた葉をそのままにしておくと土が蒸れたり、菌が繁殖して病気になる原因になります。

常にラベンダーにとって心地よい環境を整えることを意識してください。

ラベンダーが枯れたらどうすればいい?

ラベンダーが枯れたと思い、すぐに土から抜いてしまうのはちょっと待ってください。

枯れたような見た目でもまだ生きている可能性もあります。

まずは株元から5センチほどの部分でカットして断面を確認し、生きているかどうかチェックしましょう。

少しでも緑色の部分があれば他の枝も同様に切り戻し、完全に枯れた部分は取り除きます。

次にラベンダーの環境を整えましょう。

土は水はけの良いラベンダー専用の土があれば安心ですが、自身で配合するならばお手持ちの培養土に赤玉土3、軽石(日向土・パーライト)1程度を混ぜて作ります。

植え替える場合は時期に注意。

成長が止まる10月以降に、根を崩さないように植え替えましょう。

管理する場所は直射日光の当たるところは避け、風通しがよく明るい半日陰を選ぶと良いでしょう。

水やりは土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりしましょう。

春に新芽が出れば、復活成功です。

また、株が古くなりすぎると寿命で枯れることもあります。

木質化部分を切り戻しても新芽が出なくなったら、ラベンダーの寿命といえますのでその場合は諦めてください。

その他、株が全体的に枯れていても枝先に元気な部分が残っている場合は挿し木で復活させることもできます。

春か秋に、枝先から5~10センチの部分でカットして土に挿します。

土に挿さる部分の葉は取り除いてから挿してください。

切り口を斜めにカットすると水をよく吸うことができるので、発根率が上がります。

発根するまでは水を切らさないようにしてください。

このように、ラベンダーが枯れたと思ってもできることはいくつかありますので最後まであきらめずに待ってあげることが必要です。

ラベンダーの挿し木
ラベンダーの挿し木!成功と失敗を分けるのは切る場所?時期?

ラベンダーの挿し木は切る場所で失敗する? ラベンダーの挿し木は時期で失敗する? ラベンダーの挿し木の発根日数はどのくらい? 発根を成功させるためにやるべき事は? こんなラベンダーの挿し木の成功と失敗の ...

続きを見る

ラベンダーの枯れまとめ

  • ラベンダーは枯れたように見えても生きていることがある。
  • 枯れたかどうかは枝元5センチ程度の部分でカットし、断面の色をチェックすると分かる。
  • 完全に枯れている枝は蒸れの原因になるので全て取り除く。
  • 同時に、枯れて地面に落ちた葉もそのままにすると病気の温床になる恐れがあるので取り除くとよい。
  • ラベンダーが生きていることをちょっとでも確認できたら、水はけや風通しがよく環境の整った場所で様子を見る。
  • 水やりは土が乾いてからを心がけ、たっぷり与える。
  • 枝先が生きていれば、挿し木で増やすこともできるので、枯れたように見えるからとすぐに諦めないことが大切。

今回はラベンダーの枯れに関する疑問についてご紹介しました。皆様のラベンダー育成の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

-ラベンダー
-