シクラメンの室内温度は何度が適温?温度管理を意識した上手な育て方

※この記事では広告を表示しています。

シクラメンの室内温度

シクラメンの室内温度は何度が適温?

シクラメンの冬の温度管理方法とは?

シクラメンの花が開花しやすい温度がある?

シクラメンの成長と温度は関係ある?

こんなシクラメンと温度の関係についてご紹介いたします。

シクラメンの室内温度は何度が適温?

シクラメンは寒冷地原産の植物で、冷涼な気候を好む特性があります。

そのため、室内でのシクラメン育成においても特に温度管理が重要となってきます。

そのような考え方から、私たち人間が暖かいと感じるような室温の中でシクラメンを育ててしまうことが多いのです。

具体的には、日中は15℃~20℃位で夜間は低くても10℃位までの範囲が望ましいとされています。

このような温度帯をシクラメンが好むことを知ると、私たちにとっては少々寒いような場所の方がシクラメンにとっては良いことがわかるはずです。

日中は、シクラメンを明るい窓辺に置いて日光をたっぷり浴びさせてあげましょう。

ただし、強い直射日光は葉や花を傷める原因になり得るため、適度な光が当たるようにすることが重要です。

日差しが強い時期には、レースのカーテン越しの明るい日陰などが理想的でしょう。

夜間は窓辺から遠ざけるなど、冷たい空気が直接当たらないように気をつけなければなりません。

逆に温度が低すぎると、生育が停滞したり、休眠に入ることがあるため、シクラメンの育成では適切な温度管理が重要となってきます。

これらの点を踏まえ、シクラメンを室内で育てる際には、15℃程度を目安に温度管理を行い、適切な日光と水やりを心がけることで、長く美しい花を楽しむことができます。

シクラメンの冬の温度管理方法とは?

シクラメンは冬に綺麗な花を咲かせる植物ですので、適切な温度管理が重要となってきます。

理想的な温度範囲は10〜20℃で、特に15〜18℃で保つようにすると花が長持ちします。

しかし、室内では暖房によって室温が20℃以上になることも多いので適切な管理が必要となってきます。

また、温度が5℃以下になると、花が咲かなくなるだけでなく、葉が枯れることもありますので、低温にも注意が必要です。

日中は、日当たりの良い窓辺に置き、夜間や早朝は冷気から守るために窓から離すなどの世話が必要となることもあります。

具体的な管理方法としては、以下の点が挙げられます。

  • 日中は涼しい部屋の窓際などで日光に当てて、15℃〜18℃の温度を保つ。
  • 夜間や早朝は、冷気から守るために窓から離して置く。
  • 室内の温度が20℃以上になったら、風通しの良い場所に移動させる。

さらに、シクラメンの根は冷気に弱いため、冬は鉢底から水が抜けるように、穴の開いた鉢を使用する。

これらのポイントを守ることで、シクラメンは冬でも美しく花を咲かせ続けることができます。

シクラメンの花が開花しやすい温度がある?

ここまでの話の流れで、ある程度はご理解いただいているとは思いますが、再度シクラメンの開花温度についてまとめてみましょう。

シクラメンは、特に15℃くらいの温度帯で良く成長し、花芽が形成されやすくなります。

この温度範囲内では、シクラメンは活発に成長し、長期間にわたって花を咲かせることができます。

また、5℃以下の低温環境では、シクラメンの成長が停止し、花芽が枯れることもあります。

シクラメンを室内で育てる場合は、暖房が効きすぎる場所を避け、適切な温度を維持することが重要です。

屋外で育てる場合は、霜が降りない場所を選んでください。

また、シクラメンは日当たりの良い場所を好みますので、温度管理とともに日当たりにも気を使う必要があります。

水やりについても注意が必要で、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

このように、シクラメンの花が開花しやすい温度を維持し、適切に管理することで、長く美しい花を楽しむことができます。

シクラメンの成長と温度は関係ある?

シクラメンは、一般的に10℃から20℃の温度で最もよく成長します。

この温度範囲内で、シクラメンは活発に成長し、美しい花を咲かせることができます。

日中の温度が20℃を超えると、シクラメンの成長は鈍るようになり遅くなります。

このため、夏の暑い期間はシクラメンにとって厳しい時期となります。

逆に冬の時期は夜間の温度が10℃を極端に下回ると、シクラメンは休眠状態に入ります。

休眠中のシクラメンは、成長や生殖を停止し、葉が枯れることもあります。

よってシクラメンを健康に育てるためには、適切な温度管理が不可欠です。

具体的には、日中は15℃〜20℃、夜間は10℃〜15℃の温度で管理することが理想的です。

春から夏にかけての休眠期は涼しい場所で管理し、秋から冬にかけての成長期は日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

日本ではシクラメンの夏越しが難しいとされています。

夏越しを成功させるためには、適切な温度管理と共に風通しの良い場所での管理、日当たりを遮ること、水やりを控えることなどが重要です。

シクラメンと温度の関係まとめ

  • シクラメンは寒冷地原産の植物で、冷涼な気候を好む特性があるため、室内でのシクラメン育成においても特に温度管理が重要。
  • シクラメンに最適な室内温度は約15℃程度とされており、具体的には、日中は15℃~20℃位で夜間は低くても10℃位までの範囲が望ましい。
  • 温度が20℃を超えると、シクラメンの花芽の形成が抑制される傾向があり、花つきが悪くなる可能性が高くなる。
  • 5℃以下の低温環境では、シクラメンの成長が停止し、花芽が枯れることもある。

今回はシクラメンと温度の関係についてご紹介しました。皆様のシクラメン育成の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

ラベンダーが枯れたかどうか 1

ラベンダーが枯れたかどうか判断する方法は? ラベンダーが枯れる原因とは? ラベンダーが枯れる前に復活させる方法とは? ラベンダーが枯れたらどうすればいい? ラベンダーの枯れた枝はカットする? こんなラ ...

シクラメンの葉だけ伸びる 2

シクラメンの葉っぱだけ伸びるのはなぜ? シクラメンが葉っぱばかりの時は葉を減らす? シクラメンの葉の間引きの仕方とタイミングは? こんなシクラメンが葉っぱばかり伸びる時の疑問についてご紹介いたします。 ...

シクラメンの花が夏に咲く 3

シクラメンの花が夏に咲くのはなぜ? シクラメンが夏に開花するのは良いこと? こんなシクラメンが夏に咲く理由についてご紹介します。 シクラメンの花が夏に咲くのはなぜ? シクラメンには成長期と休眠期がある ...

ラベンダーの開花時期なのに花が咲かない 4

ラベンダーの開花時期なのに花が咲かないのはなぜ? ラベンダーの花が咲かない以前に蕾がつかない? ラベンダーの花を咲かせる方法とは? こんなラベンダーの開花に関する疑問についてご紹介いたします。 ラベン ...

休眠でカラカラになった球根の復活 5

休眠でカラカラになったシクラメンの球根は復活する? 夏越ししたシクラメンの球根から新芽が出ない? シクラメンの休眠明けの育て方は? こんな休眠でカラカラになったシクラメンの球根の復活に関する疑問につい ...

ラベンダー水耕栽培 6

ラベンダーは水耕栽培できる? ラベンダーの水差しで発根させるコツは? ラベンダーは水耕栽培してから挿し木した方が発根しやすい? こんなラベンダーの水耕栽培や挿し木に関する疑問についてご紹介いたします。 ...

シクラメンの種取り 7

シクラメンの種を取るタイミングはいつ? シクラメンの種とりとは?取り方は? シクラメンの種の乾燥と保存の方法は? こんなシクラメンの種とりに関する疑問についてご紹介いたします。 シクラメンの種を取るタ ...

バラの挿し木は水挿しでも新芽が出る? 8

バラの挿し木は水挿しでも新芽が出る? バラの挿し木は水栽培の方が成功しやすい? バラの挿し木の水耕栽培のコツは? バラの挿し木に根が出たら土に植えても大丈夫? こんなバラの挿し木の水栽培に関する疑問に ...

バラの挿し木が黒くなるのは失敗? 9

バラの挿し木が黒くなるのは失敗? バラの挿し木の葉が枯れるのは失敗? バラの挿し木が大きくならないのは失敗? バラの挿し木の新芽が枯れるのは失敗? こんなバラの挿し木の失敗に関する疑問についてご紹介い ...

ラベンダーの根元が枯れる 10

ラベンダーの根元が枯れるのは普通のこと? ラベンダーの葉っぱが枯れる原因は? ラベンダーの枯れに対する対処法はある? こんなラベンダーの下葉などが枯れる問題に対する疑問についてご紹介いたします。 ラベ ...

-シクラメンの育て方
-