シクラメンは日当たりの良い場所で育てる!?日当たりが悪いとどうなる?

2022年10月18日

シクラメンの日当たり

シクラメンは日当たりの良い場所で育てるべき?

シクラメンは日当たりが悪いとどうなる?

シクラメンの室内育成では日光の代わりに照明で大丈夫?

シクラメンは冬でも夏でも日光に当てるべき?

こんなシクラメンの日当たりに関する疑問についてご紹介いたします。

シクラメンは日当たりの良い場所で育てるべき?

シクラメンは可愛らしい花とハート型の葉が魅力で葉の数だけ花が咲くと言われています。

シクラメンの花芽は球根の頭に日光が当たる事で形成されるため、花を咲かせるためには日光が不可欠です。

しかし、1年を通して日当たりが必要という訳ではありません。

花が咲かない夏は休眠期に入るため日陰が最適な場所になります。

このようにシクラメンは、時期に合わせた置き場所で育てるのが大切です。

また、購入して1年目のシクラメンの日当たり具合は、正解を答えるのがプロの花屋さんでも難しいものです。

その理由は「生産者によるから」と「室内の環境にも影響されるから」です。

生産者による影響は主に2パターンです。

  • 日光によく当てられて育ったシクラメン
  • 日光にあまり当てられていないシクラメン

日光によく当たる場所で育ったシクラメンは日光が大好きです。

逆にあまり日光に当てられていないシクラメンは直射日光に弱いです。

直射日光に弱いシクラメンは、購入直後の環境の変化に慣れていない状態で日に当て過ぎるとしおれることもあります。

まずは日陰~半日陰で様子を見てから判断すると安心です。

室内の環境について注意したいのは「温度」です。

シクラメンは15°前後の少し涼しい温度を好みます。

日当たりを優先してリビングの暖かい窓辺に置くと温度が高すぎてしおれてしまう原因になります。

日当たりだけでなく、温度にも注意して置き場所を決めるようにしましょう。

いつでもシクラメンの環境を確認できるようにシクラメンのそばに温湿度計を置いておくと良いでしょう。

日中の最高気温と夜間の最低気温を記録できる温度計付きのものが理想です。

記録機能付き温度計

楽天市場で探す

Amazonで探す

シクラメンは日当たりが悪いとどうなる?

冬のシクラメンは日当たりについて分かりづらいこともありますが、基本的には日光を好みます。

日当たりが悪いと花付きが悪くなったり、葉の色が薄くなったりします。

日当たりが悪いことが原因で枯れることはありませんが、

  • 花付きが悪い
  • 葉の色が薄くなっている

などの症状がある時は日光不足の可能性が高いです。

窓辺に移動させるか、暖かい日中に外に出して日光浴をさせてあげましょう。

また「肥料不足」でも似たような症状が出ることがあります。

日光不足を見極めるためにも週に一回程度の液体肥料を与えるようにしましょう。

シクラメンの液体肥料

楽天市場で探す

Amazonで探す

シクラメンの室内育成では日光の代わりに照明で大丈夫?

冬の成長期には日当たりを好むシクラメンですが、

  • 窓辺の日当たりが悪い
  • 屋外に置き場所がない

など、家の環境によってはそもそも日光に当てるのが難しいという場合もあります。

シクラメンを日光に当てるのが難しい場合には「植物用ライト」を使用する方法があります。

一般的に使用されている室内照明はシクラメンなど花を付ける植物には不十分です。

植物用ライトはシクラメン以外にも観葉植物やハーブ、水耕栽培など室内で植物を育てる時にあると便利なアイテムのひとつです。

種類も豊富なので室内インテリアとして揃えてみるのも良いかもしれませんね。

植物用ライトを使用する場合は、一日中つけっぱなしにしなくても大丈夫です。

屋外の日照時間と合わせてタイマー設定できるタイプがおすすめです。

植物育成ライト

楽天市場で探す

Amazonで探す

シクラメンは冬でも夏でも日光に当てるべき?

シクラメンには「成長期」と「休眠期」があります。

それぞれ必要な日当たりが異なるので、時期に合わせた置き場所に変える必要があります。

  • 成長期は、秋の9月頃~花が終わるまでの4月頃
  • 休眠期は、花が終わる5月~8月頃

シクラメンが最も日光を必要とするのは「花芽形成」をする秋~冬の時期です。

逆に夏場は直射日光に弱いため、日光に当てないように明るい日陰~日陰に移動させましょう。

シクラメンは花を咲かせるために日光が必要と覚えておくと良いかもしれませんね。

シクラメンの日当たりまとめ

  • シクラメンが花を咲かせるために日光は不可欠ですが、1年を通して日当たりが必要という訳ではない。
  • 時期に合わせた置き場所で育てる必要がある。
  • シクラメンは日当たりが悪いと「花付きが悪い」「葉の色が薄くなる」などの症状が出ることがある。
  • 窓辺に移動させるか、暖かい日中に外に出して日光浴をさせると良い。
  • 「肥料不足」でも日光不足と似たような症状が出るので、週に一回程度の液体肥料を与えるようにすると良い。
  • 日光に当てるのが難しい場合には室内用の植物ライトを使用する方法がある。
  • 屋外の日照時間と合わせられるタイマー式を選ぶと良い。
  • シクラメンは冬と夏ではそれぞれ必要な日当たりが異なるので、時期に合わせた置き場所に変える必要がある。
  • 花が終わってから休眠期になる5~8月頃は明るい日陰~日陰に移動させて直射日光が当たらないように管理する。

今回はシクラメンの日当たりと日光の関係についてご紹介しました。皆様のシクラメン育成の参考にしていただけると幸いです。

サイト内検索

-シクラメン
-