サンスベリアに日光は必要?直射日光に当てても大丈夫?室内で日光なしでは育たない?

※この記事では広告を表示しています。

サンスベリアに日光は必要?直射日光に当てても大丈夫?

サンスベリアに日光は必要?

サンシベリアに直射日光を当てても大丈夫?

サンスベリアは冬でも日光に当てた方がいい?

サンスベリアの日光不足の症状とは?

サンスベリアは室内で日光なしでも育つ?

こんなサンスベリアと日光の関係についてご紹介いたします。

サンスベリアに日光は必要?

はじめに結論から言いますと、サンスベリアに日光は必要です。

サンスベリアは観葉植物の中でも耐陰性に優れた植物として知られています。

そのため、室内の意外と暗い場所にも置く事ができるため人気があります。

しかし、サンスベリアはもともと日当たりの良い乾燥した場所に自生しているため、日光を非常に好む植物です。

耐陰性に優れていると言っても暗い場所が好きなわけではなく、環境適応できる幅が広いというだけであって、基本的には日当たりの良い場所を好むということをしっかり覚えておきましょう。

よってサンスベリアを元気に育てるためには、日光に当ててあげる事が大切です。

サンシベリアに直射日光を当てても大丈夫?

サンスベリアが日光浴が好きなら、屋外に置いて直射日光に当てた方が良いのか?

こんな疑問に対しては少々注意が必要です。

サンスベリアの原産地や沖縄などの暖かい地域に行くと、サンスベリアは屋外に地植えされた状態で元気に育っています。

よって基本的には強い直射日光にも耐える事が出来ます。

しかし、私達がホームセンターや園芸店などで購入するサンスベリアは、夏の強い直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまいます。

サンスベリアが葉焼けを起こしてしまう理由は、サンスベリアがそれまでに育ってきた環境に影響を受けるためです。

サンスベリアの多くは遮光された温室で栽培されたものが販売されています。

よって夏の強い日差しに慣れていません。

そのようなサンスベリアを急に強い日差しに当ててしまうと環境の変化に葉が対応出来ずに葉焼けを起こしてしまうのです。

よって夏の暑い時期は、半日陰やカーテン越しなど日差しの弱い場所で管理するようにしましょう。

屋外に出す場合には、遮光ネットなどを利用して遮光してあげることで強い日差しを和らげることもできます。

春先や秋口など日差しが柔らかい時期なら、屋外で直射日光に当ててあげても問題ありません。

ただし、初めて屋外に出す時には、サンスベリアの様子を確認しながら日光に当てるようにしましょう。

サンスベリアは冬でも日光に当てた方がいい?

サンスベリアは寒さに弱いため、冬は室内の暖かい場所で育てます。

そのようなサンスベリアでもやはり日光浴は好きですので、出来る限り日光に当ててあげましょう。

ただし、屋外に出してしまうと寒さでダメになってしまう事がありますので、室内の窓際などで日光浴をさせてあげると良いでしょう。

日中は窓際で日光浴をさせてあげて、夜間は窓際だと冷えてしまうため部屋の中央に移動させてあげるなどの世話が必要となってきます。

寒い冬が終わり、気温が15度を越えるようになってきたら、屋外に出して日光浴をさせても大丈夫です。

冬に日光に当てる時の注意点としては、日光に当てても水やりはしないようにしましょう。

寒い時期に水やりをしてしまうと根が冷えてしまい、根腐れなどを起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

サンスベリアの日光不足の症状とは?

サンスベリアの日光不足の症状としては、葉の色が悪くなったり、ひょろひょろして徒長してしまうなどの問題が起こることがあります。

また日光不足になると光合成を行えないため、光合成に必要とする水の吸収も悪くなってしまいます。

根からの水分吸収が悪くなると、土の中の水分を使う量が減るため、土の中は常に水分過多となってしまい根腐れの原因にもなってしまいます。

特に初心者の方が失敗しがちな問題として、日光不足の症状を水不足と勘違いして水やりをしてしまうことです。

そのような事をしてしまえば、当然根腐れをさらに悪化させてしまいます。

よってサンスベリアの調子がなんだか優れないと感じた時には、まずは日光不足や温度の低下などを疑ってみましょう。

サンスベリアは室内で日光なしでも育つ?

サンスベリアを室内で育てていると、どうしても日照不足の問題が気になってしまうものです。

サンスベリアは耐陰性に優れた観葉植物だけれど、日光が届かない室内に長い期間置いておいても大丈夫なのか?

室内でも元気に育てる方法はあるのか?

そんな悩みを持つ方も多いはずです。

サンスベリアが室内でも上手く育ってくれるかどうかは、それぞれの環境によって異なるため一概に「大丈夫です」とは言えない面もあります。

一言で室内と言っても、それぞれの家庭で室内の明るさは違ってくるものです。

また、室内のどのような場所に置いているのかによっても環境による影響は違ってきます。

もし、サンスベリアを室内で育てていて、日照不足の症状が見られる時には、しっかり対応してあげましょう。

  • 時間のある時に少しでも日光に当ててあげる。
  • 窓際など明るい場所に置いてあげる。
  • 植物育成用照明を利用する。

このような方法で日光や日光に変わる明るさを確保してあげることが大切です。

サンスベリアと日光まとめ

  • サンスベリアはもともと日当たりの良い乾燥した場所に自生しているため日光を非常に好む植物である。
  • 私たちが購入するサンスベリアの多くは温室栽培のため、急に強い直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうことがある。
  • 直射日光に当てる時は、真夏の強い日差しを避けて秋から春にかけての柔らかい日差しを選ぶようにする。
  • サンスベリアの日光不足の症状としては、葉の色が悪くなったり、ひょろひょろして徒長してしまうなどの問題が起こることがある。

今回はサンスベリアの日光浴に関する疑問についてご紹介しました。皆様のサンスベリア育成の参考にしていただけると幸いです。

PR

-サンスベリアの育て方