クリスマスローズの新芽が出ない原因とは?上手に新芽や花芽を出す方法

※この記事では広告を表示しております。

クリスマスローズの新芽が出ない原因

クリスマスローズの新芽が出ない原因とは?

クリスマスローズの新芽を出す方法とは?

クリスマスローズの新芽が出ても縮むのはなぜ?

こんなクリスマスローズの新芽が出ない問題に対する疑問についてご紹介いたします。

クリスマスローズの新芽が出ない原因とは?

クリスマスローズの成長期のはずなのに新芽が出ない?

もう直ぐ花が咲く時期でもあるのに花芽も出ない?

なぜ、クリスマスローズの新芽が出てこないのか?

クリスマスローズの新芽が出ない原因には

  • 生育環境が良くない。
  • 水やりや肥料の不足。
  • 病害虫による被害。

などが挙げられます。

クリスマスローズの生育環境が良くない

クリスマスローズは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。

また、クリスマスローズには排水性と保水性のバランスが取れた土壌が適しています。

そのような環境が整っていなく、生育環境が不適切であると新芽の成長が阻害されてしまうことがあります。

具体的には、以下の点に注意が必要です。

日当たりが悪いと新芽の伸びが悪くなり、葉が小さくなってしまいます。

風通しが悪いと株が蒸れてしまい、病害虫の被害を受けやすくなります。

水はけの悪い土壌では根腐れを起こしやすくなります。

水やりや肥料の不足

クリスマスローズの育て方としては、水やりを控えめにするのが基本です。

ただし、夏の高温期や冬の乾燥期には、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

また、肥料は春と秋に緩効性肥料を施すようにしましょう。

水やりや肥料が不足すると必要な栄養がうまく吸収できないため、新芽の成長が鈍ってしまうことがあります。

病害虫の被害

クリスマスローズは、うどんこ病やハダニなどの病害虫の被害を受けやすい植物です。

病害虫に侵されると、新芽の成長が止まってしまったり、折角出てきた新芽も枯れてしまうこともあります。

このようにクリスマスローズの新芽が出ない原因には、様々な問題が隠れていることがあります。

クリスマスローズの新芽を出す方法とは?

クリスマスローズの新芽が出ない場合には、まず生育環境が適切かどうかを確認しましょう。

日当たりや風通し、土壌の状態などをチェックして、改善できる点があれば改善します。

また、水やりや肥料の与え方も適切かどうか確認しましょう。

具体的な対処方法は以下の通りです。

生育環境の改善

日当たりを良くするために鉢植えの場合には場所の移動、地植えの場合は剪定や植え替えを行いましょう。

日当たりの良さと合わせて風通しの良さも意識すると良いでしょう。

クリスマスローズの新芽は株元から出てきますので、古い葉や枯れた葉を剪定することで、株元に日光が当たるようにしてあげましょう。

日光が当たる事で土も適度に乾燥し、カビや病気の予防にもなります。

鉢植えなどで何年も植え替えをしていないと土の団粒構造が崩れ、排水性が悪くなってしまっていることもあります。

また、肥料不足や根詰まりなども起こりやすいため、鉢植えの場合には植え替えも検討してみましょう。

水やりや肥料の改善

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。

また、クリスマスローズは、冬の寒さには強いですが、厳寒期の長雨や積雪には注意が必要です。

長雨や積雪によって根腐れを起こしてしまうと新芽が出なくなることがあります。

肥料は春と秋に緩効性肥料を施しますが、冬になっても新芽が出てこない時には、醗酵油かすや液肥などを与えてみると良いでしょう。

病害虫の駆除

病害虫に侵されている場合には、薬剤を散布して駆除します。

クリスマスローズは発芽してから約2年で花が咲きます。

よって若いクリスマスローズですと、花芽が出ないこともあります。

逆にしっかりと花が咲いたクリスマスローズでも種を採取しすぎると、種を作るのに養分を使ってしまうため翌年の花付きが悪くなることがあります。

クリスマスローズの新芽が出ても縮むのはなぜ?

クリスマスローズの新芽が出ても縮む原因も同じような問題が考えられます。

生育環境の不適切

新芽が伸びるためには、十分な光量と水分が必要です。

また、肥料が不足していると新芽の成長が鈍化してしまいます。

生育環境が不適切であると、新芽の成長が阻害され、縮んでしまうことがあります。

遺伝的な要因

クリスマスローズは、品種によって新芽の成長力が異なります。

成長力の弱い品種では、新芽が出ても縮んでしまうことがあります。

そのような品種があることも理解して、極力育成環境を最適に保ってあげる事が大切です。

新芽が出ても縮んでいる場合には、まず生育環境が適切かどうかを確認しましょう。

日当たりや水やり、肥料の与え方をチェックして、改善できる点があれば改善します。

それでも新芽が縮んでいる場合は、病害虫の被害がないか確認します。

また、遺伝的な要因が考えられる場合もあるので、品種を確認してみるとよいでしょう。

クリスマスローズの新芽まとめ

  • クリスマスローズの新芽が出ない原因には、生育環境が良くない、水やりや肥料の不足、病害虫による被害などが挙げられる。
  • 特に成長期の日当たりと風通しは大事で、葉が茂り過ぎて株元に日光が当たらないと新芽が出にくくなってしまう。
  • 日当たりを良くするために鉢植えの場合には場所の移動、地植えの場合は剪定や植え替えを行うと良い。
  • 新芽や花芽を出すためには十分な肥料が必要になるので、肥料不足にならないように適切な肥料管理が重要。

今回はクリスマスローズの新芽が出ない問題や新芽のトラブルについてご紹介しました。皆様のクリスマスローズ育成の参考にしていただけると幸いです。

PR

サイト内の知りたい情報を検索できます↓

-クリスマスローズ
-