意外と知らない肥料と活力剤の違い

意外と知らない肥料と活力剤の違い

意外と知らない肥料と活力剤の違い

活力剤

鉢植え植物の脇などに差し込むタイプの活力剤を肥料と思って使用していませんか?緑色のチューブのような容器に入れられたアンプル剤には肥料成分が入っているような記述がされていることがある為、肥料と思って使用している人が多いようですが実は肥料ではなく活力剤の製品が多いのです。

肥料と活力剤は成分が違う

植物が元気に育つ為に必要な成分には炭素、酸素、水素以外にも沢山ありますがそのうちチッ素、リン酸、カリの主要三要素とカルシウム、マグネシウム、イオウの中量要素は肥料に分類されています。

残りのマンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデンなどは必要な量が微量なため微量要素と呼ばれています。微量要素は文字通り微量しか必要ではありませんが植物の成長には不可欠な要素でもあります。

基本的に庭などの土壌では有機物を多く含んでいる為に微量要素の欠乏はあまり起きませんがプランターや鉢植えの場合には水やりのたびに流れ出てしまいやすく、特に人工用土のパーライトやバーミキュライトなどでは欠乏症が発生しやすくなります。

欠乏症状は一般的に新芽や新葉に発生しやすく三要素が不足していなくても育成不良になることもあります。このように微量要素は主要三要素を補う働きをしており植物の総合ビタミン剤のようなものなのです。

花や葉の色が冴えない時や植え替え時、夏バテ回復などに使うと効果的です。

植物の育成に必要な主要成分は肥料と呼ばれ肥料取締法という法律によって規制されています。同様に植物の育成に影響を及ぼす病害虫を退治する薬剤は農薬と呼ばれ、農薬取締法によって規制されています。

肥料にも農薬にも該当せず植物に対して使用することで微量要素を補い、育成に影響を与えるものが活力剤と総称されているのです。

鉢植えの植物が「肥料を与えているのに調子悪い」そんな時には活力剤を与えてみるのも一つの方法です。

活力剤の種類

市販されている活力剤の中には肥料成分を含むものと含まないものの二種類があります。

低濃度の肥料成分が含まれるものは鉢に差し込むアンプル剤や薄めずにそのまま散布するシャワータイプ、葉面に散布するスプレータイプなどがありますが肥料濃度は肥料取締法に定められた基準以下ですので多くの場合、これだけでは肥料不足になってしまうことがあります。

肥料成分を含まない活力剤には主に水で薄めて使用するタイプの製品が多く、成分として特定の物質が表示されている製品や単独あるいは複数の植物抽出物が入っている製品では抽出した植物名が表示されています。

活力剤に含まれる微量要素の働き

植物にとって主要三要素の他にも必要とされている微量要素とはどのような働きをしているのでしょうか。活力剤を使用するタイミングを掴む為にも微量要素の働きについて考えてみましょう。

マンガン

マンガンは光合成における二酸化炭素の固定に必須とされる成分で葉緑素などの形成に関与しています。マンガンが欠乏すると鉄の欠乏症に似た症状が現れ、葉脈の黄化や育成不良や育成遅れ、あるいは花付きの悪さにも影響してきます。

ホウ素

ホウ素はタンパク質の合成や細胞分裂、根の伸長に関与しており、欠乏すると根の伸長不良や根腐れが現れることがあります。

鉄は葉緑素の形成に関与しており欠乏により若い葉から葉脈間の黄化や白化が現れます。

銅は葉緑素の形成において間接的に関与しており炭水化物やタンパク質の代謝に重要な役割を果たしています。欠乏により新芽の萎縮や葉の黄化が見られることがあります。

亜鉛

亜鉛はタンパク質の合成や種子の形成に関与しており、植物の成長速度に影響を与えるとされています。欠乏により育成不良や節間の伸長不良、古い葉からの黄化や白化が見られることがあります。

モリブデン

モリブデンはマメ科植物のチッ素固定に関与しており、各種の酸化酵素の構成元素でもあります。欠乏により葉の萎縮や変形、葉脈間の黄化などが見られることがあります。

塩素

塩素はでんぷんなどの合成に関与するほか光合成にも関与しているとされています。欠乏により葉の黄化や葉の先端のしおれなどが見られることがあります。