葉に斑点ができ凹凸ができる

葉に斑点ができ凹凸ができる

葉に斑点ができ凹凸ができる

さび病の葉

葉の表に凹凸が生じていたら、さび病が発生しています。病原菌が葉に寄生すると斑点が出現し、その部分の胞子で表面が凹凸になったのです。

さび病菌の胞子が葉に付着すると黒や赤、褐色などの斑点は生じ、次第に盛り上がってきます。そしてなかから粉が飛び散るようになります。葉の裏をみると霜柱状の菌糸も確認できるはずです。

さらに被害が進むと葉全体が粉で覆われ葉が巻きあがったり縮んだりして最後には枯れてしまいます。さび病にはさまざまな種類が存在し、斑点の色や形状などによって黒さび病、白さび病、赤星病などがあります。

初期段階なら薬剤散布で対処

被害が大きい株は薬剤では効果が期待できません。早期発見、早期対応を心がけましょう。斑点のある葉は胞子が風に乗ってほかの株へ伝染する前に葉を切り取るかまたは株ごと焼却処分します。

まだ斑点が小さいうちならマンネブダイセンM水和剤、ビスダイセン水和剤、ベニカX乳剤などの殺菌剤を1週間おきに2~3回散布します。葉の表だけでなく裏にもまんべんなく散布しましょう。

風通しと肥料の配合に注意

風通しが悪いと発病しやすいので葉や茎が茂りすぎないようにします。チッソ肥料の過多も感染の原因となるので肥料の配合には注意しましょう。さび病のなかには病原菌は2種類の植物を行き来する中間寄生というタイプもあります。

例えば赤星病はカイズカイブキなどのビャクシン類とボケやナシなどバラ科の樹木の間を行き来します。中間寄生できる植物を近くで栽培しないほうが発生を防げます。