葉の表面が粉のように白くなる

葉の表面が粉のように白くなる

葉の表面が粉のように白くなる

葉にでた白い斑点

葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病による被害です。どの草花にも発生しやすい代表的な病気のひとつです。

葉の表面に白いかびが発生

うどん粉病

うどんこ病は葉の表面に白いかびが発生する病気です。葉だけではなく、花やつぼみ、新芽など比較的やわらかい組織によく発生します。最初は白い斑点で生じ、被害が進むと葉全体が真っ白になってしまいます。そのため光合成がおこなえなく、生育に悪影響が生じます。

葉が縮れたり、ひどいときには株全体が枯れたりすることもあります。高温で湿度が低いと発生しやすくなるので梅雨期を除く春から秋にかけて多発します。

スプレー式の専用薬剤を散布

発見したら被害が大きくならないうちに専門薬であるミラネシン水溶剤を1週間おきに2~3回散布します。サプロール乳剤、トップジンMスプレーなどのスプレータイプを使うと簡単です。

病原菌は植物によって寄生する菌が違うので薬剤が効かないときは違う種類のものに変えましょう。発生初期なら葉がもとの色に戻ることもありますのがたいていの場合、白カビを退治しても葉は薄灰色になってしまいます。

軒下やベランダでの栽培は注意

春から秋、特に日あたりや風通しの悪い場所で発生します。湿気も嫌うので雨の当たらない軒下やベランダで育てるときは注意しましょう。トップジンMスプレーなどの薬剤を定期的に散布すれば予防できます。

チッソ肥料の過多や不足、カリ不足も発生の原因になります。肥料は適度に与えるように気をつけましょう。冬の間、うどんこ病の原因菌は樹木の枝や雑草などに寄生します。落葉樹の場合はこの時期に石灰硫黄合剤を散布します。