葉の表面が粉のように白くなる ガーデニング.com

葉の表面が粉のように白くなる

   

ガーデニング.com

葉の表面が粉のように白くなる

ガーデニング.com>>病害虫事例対策>>葉の表面が粉のように白くなる


白い斑点葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病による被害です。どの草花にも発生しやすい代表的な病気のひとつです。

葉の表面に白いかびが発生

うどんこ病うどんこ病は葉の表面に白いかびが発生する病気です。葉だけではなく、花やつぼみ、新芽など比較的やわらかい組織によく発生します。最初は白い斑点で生じ、被害が進むと葉全体が真っ白になってしまいます。そのため光合成がおこなえなく、生育に悪影響が生じます。

葉が縮れたり、ひどいときには株全体が枯れたりすることもあります。高温で湿度が低いと発生しやすくなるので梅雨期を除く春から秋にかけて多発します。

スプレー式の専用薬剤を散布

発見したら被害が大きくならないうちに専門薬であるミラネシン水溶剤を1週間おきに2~3回散布します。サプロール乳剤、トップジンMスプレーなどのスプレータイプを使うと簡単です。

病原菌は植物によって寄生する菌が違うので薬剤が効かないときは違う種類のものに変えましょう。発生初期なら葉がもとの色に戻ることもありますのがたいていの場合、白カビを退治しても葉は薄灰色になってしまいます。

軒下やベランダでの栽培は注意

春から秋、特に日あたりや風通しの悪い場所で発生します。湿気も嫌うので雨の当たらない軒下やベランダで育てるときは注意しましょう。トップジンMスプレーなどの薬剤を定期的に散布すれば予防できます。

チッソ肥料の過多や不足、カリ不足も発生の原因になります。肥料は適度に与えるように気をつけましょう。冬の間、うどんこ病の原因菌は樹木の枝や雑草などに寄生します。落葉樹の場合はこの時期に石灰硫黄合剤を散布します。


病害虫事例対策 関連記事

  • おすすめ園芸薬品の効果と特徴
  • 薬品 農薬は大きく分類すると殺虫剤、殺菌剤とその両方の特徴を兼ねそろえた殺虫殺菌剤とに分けられ駆除したい対象が害虫なのか病原菌>>続きを読む


  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • モザイク病 葉や花弁にモザイク状の班が出たり、葉脈に沿って葉の色が抜けたりするのはウイルスによる症状ですが発病しても対処法がない>>続きを読む


  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 黒い斑点 斑点性の病気にかかると葉に黒や褐色などの斑点が出現し最後には葉全体の色が変わり、枯れてしまいます。この病気の原因はかび>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着
  • 煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカイガラムシ、オンシツコナジラミなどの排泄>>続きを読む


  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • さび病 葉の表に凹凸が生じていたら、さび病が発生しています。病原菌が葉に寄生すると斑点が出現し、その部分の胞子で表面が凹凸にな>>続きを読む


  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 花びらにしみ 灰色かび病にかかると花やつぼみに水がしみたような斑点が出現して全体に広がり、枯れて腐ると灰色のかびが生えてきます。どの>>続きを読む


  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 根腐れ アロエなどの多肉植物が根元から突然倒れて枯れるのは、軟腐病や根腐れ病による被害です。多肉植物以外の被害の場合は葉が黄色>>続きを読む


  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 株の生育が悪くなり、下葉から黄色くなって最後には立ったまま、あるいは根元から倒れるように枯れてしまうのは立ち枯れ病の症>>続きを読む


  • 白い菌糸が網目状に
  • 生育がおとろえた株の地際や根に白くて光沢のある糸のようなものが見られたら白絹病にかかっています。水はけの悪い場所で栽培>>続きを読む


  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 縮れたりしおれたりした葉の裏に白くて小さな虫の大群がいたら、それはコナジラミ類です。排泄物がすす病などの原因にもなるや>>続きを読む


  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉の表面に白いすじ状の模様があるのに虫の姿が見えないことがあります。これは葉の内部に潜り込んでトンネル状に食害するエカ>>続きを読む


  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉に虫食いの跡があるのに虫の姿が見えない場合、アオムシなどが葉の裏に潜んでいる可能性があります。またはヨトウムシなど夜>>続きを読む


  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • アブラムシ アブラムシは葉や枝先に群生して植物の養分を吸い取ります。株を枯らしたりするだけでなく、モザイク病やすす病を発生させる間>>続きを読む


  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】
  • ナメクジ 虫の姿が見られないのに花芽が食害されている場合、ナメクジやカタツムリによる被害が考えられます。どちらも夜行性のため昼間>>続きを読む


    よく読まれている記事

  • 葉に黒や褐色の斑点ができる

    黒い斑点 斑点性の病気が発生すると葉の表に褐色や黒の斑点が出現しそれが次第に大きくなり、>>続きを読む


  • 良い土の条件と作り方

    良い土 ガーデニングの土は植物にとって土台となるもので、根がしっかり張ることによって茎葉>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本

    花壇デザイン ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう>>続きを読む


  • マルチングの効果

    マルチング 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク>>続きを読む


  • 葉や花がしおれる

    しおれ 葉のみずみずしさがなくなり、葉や花がしおれたり落ちたりする場合、まず考えられるの>>続きを読む


  • 葉が黄色くなり枯れてしまう

    黄色くなる ほとんどの植物は酸性から弱酸性の土でよく育ちます。強酸性やアルカリ性に傾いてい>>続きを読む


  • 葉の表面が粉のように白くなる

    白い斑点 葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病>>続きを読む


  • 雑草対策と良い土壌の関係

    雑草 ガーデニングや園芸などに於いて雑草と言えば勝手に生えてくる厄介者とされています>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着

    煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカ>>続きを読む