土質に合わせた土づくり

土質に合わせた土づくり

土質に合わせた土づくり

土づくり

ガーデンの土質がわかったらそれぞれの土の性質に合わせ、欠点を補う改良をしましょう。基本の土づくりと併せて手を加えることでいままでよりずっと植物が育ちやすい庭・花壇に生まれ変わります。

水はけの悪い土の改良

水はけの悪い土は次の方法で水はけを改善し、水と空気の通りをよくしましょう。準備するものはガーデンショップやホームセンターなどで入手できるスコップなど土を掘る道具と小石などです。

水はけの悪い場所や花壇にしたい場所に深さは30cm~40cm程度の溝を掘ります。その溝に軽石を入れます。軽石の量は深さ10cm以上の層になるように入れるとよいでしょう。掘り上げた土には堆肥を混ぜておきます。堆肥は土1平方メートルあたり10リットルを目安に混ぜましょう。土と堆肥をよく混ぜてから埋め戻します。

水はけの悪い庭に花壇をつくる方法には直接土を改良するだけではなく、花壇をつくる場所をレンガなどの枠で囲んで新しい土を入れ、かさ上げする方法もあります。土はガーデンショップなどで購入しコンテナの土と同じ要領でブレンドして使用します。

砂質の土の改良

砂質の土は水はけがよすぎるために水と肥料のもちが悪く、植物の育成が悪くなりがちです。またとくに夏は乾湿の差が激しくなります。そこで次の方法で改善しましょう。

第一の方法は堆肥と粘質の土を庭土に混ぜる方法です。砂質の土と粘質の土はそれを混ぜてもかえって土が固くなるだけで改善にならないことがあります。それを避けるためには堆肥など有機質をいっしょに混ぜます。粘質の土は赤玉土や黒土などでよいでしょう。

これを1平方メートルあたり5リットル、堆肥は1平方メートルあたり5~10リットルを改良したい場所全体にまきます。その後よく耕してまんべんなく混ぜ込みます。

他にはパーライト、バーミキュライトなどの土壌改良材1~2リットル、堆肥5リットル、改良したい場所全体にまいてよく耕します。

粘質の土の改良

粘質の土は水と空気の通りが悪く根が張りにくいために植物の育成が悪くなります。また乾燥すると土が固まり耕しにくくなります。そこで空気を含む土になるように堆肥を混ぜて改善します。堆肥は1平方メートルあたり10リットルほどを混ぜます。改善したい場所全体に均一にまき土とよく耕して混ぜ合わせます。

砂質の改善でも混ぜたパーライトやバーミキュライトは水はけ、水持ちのどちらにも優れているので粘質の土の改善にも利用することができます。1平方メートルあたりパーライト5リットルほどを花壇全体にまいて土とよく混ぜます。堆肥を混ぜるとより改善の効果があります。

砂質の土を混ぜれば水はけが改善されるように思われるかもしれませんが粘質の土と砂質の土が混じり合うと固まることがあるので堆肥など有機質をいっしょに混ぜるようにしましょう。