ガーデニングの水やり方法とコツ ガーデニング .com

ガーデニングの水やり方法とコツ

   

ガーデニング.com

ガーデニングの水やり方法とコツ

ガーデニング.com>>ガーデニングの基礎知識>>ガーデニングの水やり方法とコツ

水やりガーデニングでは水やりのコツをつかむのは結構むずかしいもので水やり3年というほどです。しかしコツをつかみ、効果的な水やりをすれば植物は必ず答えてくれます。

どのような水やりの方法が植物にとって正しい水やりなのか考えてみましょう。


水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと

葉の気孔植物は葉裏にある気孔から蒸散し植物本体の水分量を調節します。この蒸散がもっとも活発に行われるのが午前10時頃から午後3時頃になるため蒸散が活発になる直前の午前10時頃までに水を与えると効果的です。

花や葉に直接水がかかるとしみや腐る原因になることもあるためじょうろのはす口を取り外して根元にゆっくりと水やりをします。

コンテナでの水やりによっては土中の古い空気が押し出され新しい空気と入れ替わりますから底から水が流れ出るくらいたっぷり与えます。

なお土が湿っている状態で水やりをすると根が呼吸困難になって根腐れを起こしてしまいますので必ず表面の土が軽く乾いてから水やりをするようにしてください。10個のコンテナのうち土の表面が乾いているコンテナが3つであればその3つのコンテナのみに水やりをするようにしてください。

花壇への水やりは用土の乾き具合と天候の変化を見ながら行います。晴天が続き、用土の表面が白っぽく乾いていたら表面から10cm程度の深さまで十分にしみこむように時間をかけて水やりをします。


季節によって変わる水やりポイント

水やり葉の汚れを取る目的で葉の表面に水をかける作業を葉水といいます。夏の日中、葉に直接冷水をかけると葉が傷む種類もありますので水温を気温と同じくらいの高さにしてからかけるようにしてください。

寒い冬場は水道の温度も下がっているのでそのまま土に水をやると根を傷めてしまいますので冬はバケツなどに水を汲み置きし、室温程度まで温めてから水やりをしてください。

夏は水道の水も温かくなっているのでそのまま水やりをしてもよいのですが注意したいのはホースを使うときで前日にかけた水がホース内に残っていると、翌日は暑さで熱湯になっていることがあります。ホースから直接水を与えるときは温まった水を出してから行うようにしましょう。

便利な自動散水機を活用

日差しが強くなる初夏から秋口にかけては、旅行などで3~4日家を空けただけでも植物は水枯れで大きなダメージを受けることがあります。

そんな植物への水やりが心配で旅行にも行けないという方にお勧めの便利グッズが自動散水機です。自動散水機とは水やりの時間、間隔をタイマーにセットしておくことで自動的に決められた長さの時間だけ植物に水やりをしてくれるというもので、鉢に専用のノズルを差し込み、水道にホースをつないで給水します。

タンクに水を貯めておいて給水するタイプもあり、どちらもコンセントなしで使える乾電池式のものが一般的です。

自動散水機をamazonで購入
自動散水機を楽天で購入


通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 山野草を作り込んでみよう
  • 幸せを呼び込もう!四葉のクローバー特集
  • プレゼントにも最適!気軽に始めるグリーン!

    前の記事>>意外と知らない肥料と活力剤の違い
    次の記事>>病害虫はガーデニングの大敵

    PR プロも太鼓判の植物活力液
    HB-101の使い方と効果


    関連記事

  • ガーデニングとは

    ガーデニングとは家庭で行われる造園や園芸の一種で自分が所有する庭やベランダ・テラスにおいて草花を植栽したり、柵や生垣などを>>続きを読む


  • ガーデニングに使う植物の分類

    分類と聞くと学術的知識に聞こえる印象があるかもしれませんがガーデニングプランを立てる時や花屋さんやガーデンセンターで花を買>>続きを読む


  • 地域の気候とガーデニング

    東西南北に長い日本列島では住んでいる地域が違えば当然気候特性も異なります。植物の栽培に関するデータでは関東以西の太平洋側を>>続きを読む


  • 植物に必要な日当たりと環境

    植物が好む環境や習性はその種類によってさまざまでそれぞれの植物に合った環境をよく理解し、管理することがガーデニングでは必要>>続きを読む


  • 植物の栄養、肥料の基礎知識

    肥料は植物にとって欠かせないものですが与えすぎはかえって育成を悪くしてしまいますので必要な分量や与える時期を把握し上手に使>>続きを読む


  • 意外と知らない肥料と活力剤の違い

    鉢植え植物の脇などに差し込むタイプの活力剤を肥料と思って使用していませんか?緑色のチューブのような容器に入れられたアンプル>>続きを読む


  • 病害虫はガーデニングの大敵

    ガーデニングにおいて病害虫は大敵になります。丹精込めて育てた植物、草木がいつの間にか哀れな姿になって枯れていくなんてことが>>続きを読む



    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | カメ | |

  • PR


    よく読まれている記事

  • 葉に黒や褐色の斑点ができる

    黒い斑点 斑点性の病気が発生すると葉の表に褐色や黒の斑点が出現しそれが次第に大きくなり、>>続きを読む


  • 良い土の条件と作り方

    良い土 ガーデニングの土は植物にとって土台となるもので、根がしっかり張ることによって茎葉>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本

    花壇デザイン ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう>>続きを読む


  • マルチングの効果

    マルチング 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク>>続きを読む


  • 葉や花がしおれる

    しおれ 葉のみずみずしさがなくなり、葉や花がしおれたり落ちたりする場合、まず考えられるの>>続きを読む


  • 葉が黄色くなり枯れてしまう

    黄色くなる ほとんどの植物は酸性から弱酸性の土でよく育ちます。強酸性やアルカリ性に傾いてい>>続きを読む


  • 葉の表面が粉のように白くなる

    白い斑点 葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病>>続きを読む


  • 雑草対策と良い土壌の関係

    雑草 ガーデニングや園芸などに於いて雑草と言えば勝手に生えてくる厄介者とされています>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着

    煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカ>>続きを読む


    病気・害虫対策の基礎

  • 庭の草花は病気や害虫が発生しやすい
  • 庭木の病気・害虫対策は予防から
  • 植物を病気にさせない世話の仕方
  • 園芸薬品は正しく選ぶ
  • 園芸薬品をもっと詳しく知りたい
  • おすすめ人気園芸薬品の効果と特徴
  • 薬剤散布の注意点
  • 害虫は補殺が効果的な対策法

    病害虫事例対策

  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 葉の表面が粉のように白くなる
  • すすのような黒い粉が付着
  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 白い菌糸が網目状に
  • 地際から根にかけてコブがでる
  • 葉が白いカスリ状 【ハダニ】
  • 白いかさぶた状【カイガラムシ】
  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】

    枯れる原因対策

  • 葉の表面が褐色や黒く
  • 植物の葉数が少なくなる
  • 冬場に葉が萎れたまま
  • 葉は元気だが急に落ちる
  • 根詰まりを起こしている
  • 葉や花がしおれる
  • しおれ気味で根が黒い
  • 葉が周囲から枯れる
  • 葉や花が小さく色が薄い
  • 葉は元気だが花がつかない
  • 鉢植えにしたら生育が悪く
  • 土を変えたら調子が悪く
  • ピートモス使用で調子が悪く
  • 育成が悪く根が黒い
  • 葉が黄色くなり枯れてしまう