手動or電動⁈ 用途に合わせたおすすめ家庭用芝刈機 ガーデニング.com

手動or電動⁈ 用途に合わせたおすすめ家庭用芝刈機

   

ガーデニング.com

手動or電動⁈ 用途に合わせたおすすめ家庭用芝刈機

ガーデニング.com>>ガーデニング特集と雑学>>手動or電動⁈ 用途に合わせたおすすめ家庭用芝刈機

芝刈り庭の美しい芝生を保つために欠かせないお手入れが芝刈です。芝刈は芝の健康や美観を保つためにも欠かせない作業ですが実際に行ってみると意外と大変な作業でもあります。

そんな芝刈を効率良く行うために欠かせない道具がやはり芝刈機でしょう。芝刈機にも用途に合わせて様々なものがありますので機能と用途の面から芝刈り機を見ていきましょう。


芝刈の道具の選び方

芝刈の道具は何と言っても芝生の面積に合わせて選ぶのが得策です。10㎡くらいまでの広さの芝生であれば、かまや芝刈バサミでも芝刈は可能でしょうがそれ以上の広さがある場合はそのような道具では時間がかかり大変な労力を必要とします。

芝刈り芝の生長が盛んになる夏場は気温も高く長時間の屋外作業は熱射病などの危険を伴うこともあります。また手作業での芝刈では手が痛くなったり、腰が痛くなったりと体の一部に過度な負担を強いることもあります。

広い敷地での芝刈りや芝刈り作業を楽にしたい時などはリール式芝刈機やロータリー式芝刈機を使うとよいでしょう。

リール式芝刈機とは

リール式芝刈り機リール式芝刈機は螺旋状に回転する刃と固定された刃で挟み切る方式の芝刈機で刈り後が綺麗で短く刈ることができます。

リール式芝刈機には電動式と手動式があり、一般家庭用では手動の手押し式が人気があり広く普及しています。

手動式は広大な敷地での芝刈や長時間の芝刈ではどうしても電動式には敵いませんがコストパフォーマンスに優れている点が一般家庭用として人気がある理由でしょう。

ロータリー式芝刈機とは

ロータリー式芝刈り機ロータリー式芝刈機は一枚の刃が高速回転してカットするタイプの芝刈機で伸びすぎた芝や傾斜地での芝刈りに適しています。

バリカン式芝刈機

バリカン式芝刈り機バリカン式芝刈機は二枚の刃を左右にすり合わせて芝をカットしていくものでリール式やロータリー式で刈れないような狭い場所や段差のある場所などに使用します。

芝刈機もこのように用途に合わせて様々な商品が販売されています。

芝生の広さと作業効率から考える芝刈り機の種類

芝刈りばさみ
ちょっとした芝生のカットなら手動式の芝刈りばさみがおすすめです。花壇や飛び石のまわり、壁際など芝刈り機で刈れない場所は手動の芝刈りばさみなどがあると便利です。

芝刈りばさみのメリット
  • 価格がお手頃。
  • 電動と違い駆動音が全くしない。
  • だれでも簡単に扱える。


  • 芝刈りばさみのデメリット
  • 手動式なので長時間の作業は手が痛くなることもある。
  • 広さに応じて作業効率が悪くなることもある。
  • 芝刈りばさみでは作業の限界を感じた時などは・・・

    バリカン式芝刈り機
    芝刈りばさみ同様、リール式芝刈り機などが入れないような狭い場所や壁際などの芝をカットするのに最適です。

    バリカン式芝刈り機のメリット
  • 電動式なので芝刈りばさみに比べて作業効率は飛躍的にあがる


  • バリカン式芝刈り機のデメリット
  • 商品により駆動音が大きいものもあるので早朝の作業などでは近所を気にしなくてはならない。(駆動音の小さなものを選べばそのような問題は解消できます)
  • 電動式で刃が動くため手動式よりも危険性は高い。
  • 充電式とコード式があり、コード式は作業時にコードの扱いが煩わしい。
  • 芝刈りばさみよりは作業性は良いが広い庭ではリール式に比べると作業時間がかかる。
  • バリカン式芝刈り機では限界を感じた時などは・・・

    手動リール式芝刈り機
    リール式芝刈り機はバリカン式と違い手押し車タイプですので広い芝生でも楽々カットができます。

    個人差もあるとおもいますが10坪くらいの庭でもバリカン式を使用すると2時間くらいの作業となりリール式を使用すると30分程度で終わったなんていう話を聞いたこともあります。

    確かにバリカン式は細かい場所やリール式芝刈り機の入れないような場所の芝刈りには向いていますが広い場所の芝刈りとなると作業効率は良いとは言えないでしょう。

    手動リール式芝刈り機のメリット
  • 手押し式なのでスムーズに広い場所の芝刈りができる。
  • 手動式なので子供でも安心して使える。
  • 芝生の仕上がりが綺麗。
  • 手動式なので音を気にせず早朝作業もできる。


  • 手動リール式芝刈機のデメリット
  • やはりそれなりの金額になる。
  • 狭い場所や壁際の芝生は刈れない。
  • 作業効率が良いと言っても人力なので広さの限界がある。
  • 手動リール式芝刈機では限界を感じた時などは・・・

    自走式芝刈機がおすすめです。ここまでくると一般家庭用の話からそれてしまいますので詳しいご紹介は割愛させて頂きます。

    楽天で一番売れている芝刈機

    芝刈機の購入基準とは何でしょうか?価格の安さ?いえいえ、やはり芝刈機に求められるものは切れ味の良さではないでしょうか。

    芝刈機を使う理由は芝生を綺麗に刈り込む為ですがその芝刈機の切れ味が悪ければ作業後の芝も何だか冴えないものになってしまいます。

    切れ味の悪い刃でカットした芝生は先端が変色をすることもあり治るのに時間がかかり、その分芝生の成長が抑制されてしまいます。そのため芝刈りでは芝の切断面をどれだけ綺麗にカットするかが大切なのです。

    綺麗な切断面で綺麗に刈り揃えられた芝生こそ私たちが求める理想の芝生ではないでしょうか。

    そんな要望にしっかり応えてくれる芝刈機だからこそ楽天でも一番売れているのです。性能の違いを実感してみてください。

    楽天ランキング1位常連の芝刈り機!バロネス手動式芝刈り機 LM4D

    アマゾンでも購入可能!
    バロネス 手動式芝刈り機 LM4Dをamazonで購入




    通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 山野草を作り込んでみよう
  • 幸せを呼び込もう!四葉のクローバー特集
  • プレゼントにも最適!気軽に始めるグリーン!

    前の記事>>芝刈りの必要性と上手に仕上げる刈り方
    次の記事>>育てる前に知っておきたいラベンダー の種類と特徴

    PR プロも太鼓判の植物活力液
    HB-101の使い方と効果


    関連記事

  • 芝生特集!芝生の種類と用途

    芝生と聞くと全て同じ種類の植物をイメージされる方も多いと思いますが芝にも多くの種類があり、種類によって環境適応能力や性質に>>続きを読む


  • 芝生の選び方と購入時の注意事項

    芝には幾つかの種類があることは芝生の種類と用途でご紹介しましたが芝を選ぶ際には芝それぞれの管理方法と性質を理解しておく必要>>続きを読む


  • 芝刈りの必要性と上手に仕上げる刈り方

    鮮やかな緑色をした芝生の絨毯に囲まれた生活に憧れる人は少なくないはずです。芝生の上に寝転びうたた寝をしたり、子供やペットと>>続きを読む



    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | カメ | |

  • PR


    よく読まれている記事

  • 葉に黒や褐色の斑点ができる

    黒い斑点 斑点性の病気が発生すると葉の表に褐色や黒の斑点が出現しそれが次第に大きくなり、>>続きを読む


  • 良い土の条件と作り方

    良い土 ガーデニングの土は植物にとって土台となるもので、根がしっかり張ることによって茎葉>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本

    花壇デザイン ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう>>続きを読む


  • マルチングの効果

    マルチング 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク>>続きを読む


  • 葉や花がしおれる

    しおれ 葉のみずみずしさがなくなり、葉や花がしおれたり落ちたりする場合、まず考えられるの>>続きを読む


  • 葉が黄色くなり枯れてしまう

    黄色くなる ほとんどの植物は酸性から弱酸性の土でよく育ちます。強酸性やアルカリ性に傾いてい>>続きを読む


  • 葉の表面が粉のように白くなる

    白い斑点 葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病>>続きを読む


  • 雑草対策と良い土壌の関係

    雑草 ガーデニングや園芸などに於いて雑草と言えば勝手に生えてくる厄介者とされています>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着

    煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカ>>続きを読む


    ガーデニングの基礎知識

  • ガーデニングとは
  • ガーデニングに使う植物の分類
  • 地域の気候とガーデニング
  • 植物に必要な日当たりと環境
  • 植物の栄養、肥料の基礎知識
  • 意外と知らない肥料と活力剤の違い
  • ガーデニングの水やり方法とコツ
  • 病害虫はガーデニングの大敵

    ガーデニングをはじめる

  • 花壇づくりの場所と土
  • 花壇デザインの基本
  • コンテナの選び方
  • マルチングの効果
  • 良い苗の選び方
  • タネまきと苗の育て方
  • さし芽と株分け
  • 花がら摘みと切り戻し
  • 樹木の植え付けと植え替え
  • 鉢替えと植え替えの必要性
  • 芝生の張り方と手入れ

    ガーデニングの土づくり

  • 良い土の条件と作り方
  • 庭土の性質をチェック
  • 土の酸度の確認と調整
  • 土質にあわせた土づくり
  • シーズンオフの土づくり
  • 基本土の種類と選び方
  • 植物に適した培養土の種類
  • 購入時に良い培養土を選ぶコツ
  • 化成肥料の種類と使い方
  • 有機質肥料の種類と使い方
  • 土をブレンドする
  • 使用済み用土の手入れと保存
  • 雑草対策と良い土壌の関係

    病気・害虫対策の基礎

  • 庭の草花は病気や害虫が発生しやすい
  • 庭木の病気・害虫対策は予防から
  • 植物を病気にさせない世話の仕方
  • 園芸薬品は正しく選ぶ
  • 園芸薬品をもっと詳しく知りたい
  • おすすめ人気園芸薬品の効果と特徴
  • 薬剤散布の注意点
  • 害虫は補殺が効果的な対策法

    病害虫事例対策

  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 葉の表面が粉のように白くなる
  • すすのような黒い粉が付着
  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 白い菌糸が網目状に
  • 地際から根にかけてコブがでる
  • 葉が白いカスリ状 【ハダニ】
  • 白いかさぶた状【カイガラムシ】
  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】

    枯れる原因対策

  • 葉の表面が褐色や黒く
  • 植物の葉数が少なくなる
  • 冬場に葉が萎れたまま
  • 葉は元気だが急に落ちる
  • 根詰まりを起こしている
  • 葉や花がしおれる
  • しおれ気味で根が黒い
  • 葉が周囲から枯れる
  • 葉や花が小さく色が薄い
  • 葉は元気だが花がつかない
  • 鉢植えにしたら生育が悪く
  • 土を変えたら調子が悪く
  • ピートモス使用で調子が悪く
  • 育成が悪く根が黒い
  • 葉が黄色くなり枯れてしまう