害虫は補殺が効果的な対策法 ガーデニング .com

害虫は補殺が効果的な対策法

   

ガーデニング.com

害虫は補殺が効果的な対策法

ガーデニング.com>>病気・害虫対策の知識>>害虫は補殺が効果的な対策法

害虫幼虫から成虫へと姿を変えたり、自由に動きまわったりできるため、害虫の被害は予防より駆除がメインとなります。栽培する植物に発生しやすい害虫は、前もって知っておきましょう。

被害の種類は食害と吸汁

害虫の被害は大きく2つに分けられます。ひとつはアオムシやナメクジ、ケムシ、ヨトウムシのように葉や花を食い荒らすタイプ。これらは羽もなく、また体長も比較的大きいので見つけたら容易に補殺できます。また食害した跡で被害をすぐ見つけることができます。


そしてもう一つはアブラムシやハダニ、カイガラムシなど養分を吸汁して変色させたりしおれさせたりするタイプです。これらはジワジワと株の生育をおとろえさせるのでこまめに株の様子をチェックして害虫を探し出すことが大切です。

直接的な被害のほかに間接的な被害もあります。アブラムシが媒介するウイルス病、カイガラムシやアブラムシの排泄物に発生するすす病などです。

病気と違って害虫は姿を変えたり動き回ったりするため、発生を予防することが困難です。症状を発見してから被害が広がらないうちに駆除するパターンが多く、特に根に発生する害虫は株を抜いたときに初めて被害を発見することもあります。また、ヨトウムシやナメクジなど夜行性の害虫の被害も発見が遅くなりがちです。

姿を発見したらすぐ補殺

駆除の基本は補殺です。比較的見つけやすいケムシやアオムシなどは割り箸などでつまみ取り、カイガラムシのように動かず人に害を与えない害虫なら軍手をした手や素手で取ります。

このほか古い歯ブラシやはけなどで払い落したり、被害にあった葉や枝を切り取って焼却する方法も有効です。姿を確認しづらいものや、大量に発生している場合は、予防もかねて薬剤を散布する方法もいいでしょう。

しかし高い除去効果が期待できる分、さまざまな問題も発生します。一番心配なのは人や植物への薬害です。特に野菜やハーブへの薬剤の多用は避けたいものです。薬剤を使わなくてもビールでナメクジを誘引したり、牛乳をスプレーしてハダニの息を止めたりする方法もあります。

害虫の生態を把握する

害虫の駆除にはそれぞれの生態を把握しておくことも大切です。たいていの害虫は春から秋にかけて活動しますが、病原菌と違い季節によって姿や住む場所が変わります。1年に何回発生するのか、幼虫、成虫のどの時期に被害を与えるのかなどについて知ることが早期発見・早期対処につながります。

予防薬を散布しておく

はなを守るスプレー殺虫剤はできれば多用したくないので害虫を発見してから使用したいものですが予防薬は天然成分で作られているものも多いため殺虫剤ほど抵抗がないかもしれません。

アブラムシ、コナジラミ、ハダニなどの予防には前もって予防薬を散布しておくのも一つの手かもしれません。例を挙げるとアース製薬から販売されている【はなをまもる 病気と虫の予防スプレー】はりんご酢から作られた食品成分100%の病害虫予防スプレーで有用微生物や益虫にはほとんど影響を与えないうえにりんご酢に含まれるリンやカリウムなどにより草木の栄養にもなる優れものです。


通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 山野草を作り込んでみよう
  • 幸せを呼び込もう!四葉のクローバー特集
  • プレゼントにも最適!気軽に始めるグリーン!

    前の記事>>薬剤散布の注意点
    次の記事>>病害虫事例

    PR プロも太鼓判の植物活力液
    HB-101の使い方と効果


    関連記事

  • 庭の草花は病気や害虫が発生しやすい

    森や林など自然の植物が自生している野山は、安定した生態系の調和の中にあります。その為、病原菌も植物と調和を保ち、それほど甚>>続きを読む


  • 庭木の病気・害虫対策は予防から

    ガーデニングや園芸に於いて育てている植物を丈夫な株に育てるには適した環境で育てることが大切です。まず、水はけ、水もち、通気性>>続きを読む


  • 植物を病気にさせない世話の仕方

    大切な植物を病気や害虫から守るためには原因となる病原菌や害虫を持ち込まないことが防除の第一歩です。そのため植物の入手時から>>続きを読む


  • 園芸薬品は正しく選ぶ

    植物の病気や害虫は出来れば予防によって防ぎたいものですが、最善の予防策を講じていても病害虫の被害にあってしまうこともあります>>続きを読む


  • 園芸薬品をもっと詳しく知りたい

    園芸薬品を使う時にはまず防除したい原因が害虫なのか病気なのかで選択肢が分かれます。病気の場合には殺菌剤、害虫を防除するのな>>続きを読む


  • おすすめ人気園芸薬品の効果と特徴

    農薬は大きく分類すると殺虫剤、殺菌剤とその両方の特徴を兼ねそろえた殺虫殺菌剤とに分けられ、駆除したい対象が害虫なのか病原菌な>>続きを読む


  • 薬剤散布の注意点

    病気や害虫を発見したら早めの対処が大切です。早めであれば薬剤を使わない対処もでき、また薬剤を使う場合でも使用量を最小限に抑え>>続きを読む



    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | カメ | |

  • PR


    よく読まれている記事

  • 葉に黒や褐色の斑点ができる

    黒い斑点 斑点性の病気が発生すると葉の表に褐色や黒の斑点が出現しそれが次第に大きくなり、>>続きを読む


  • 良い土の条件と作り方

    良い土 ガーデニングの土は植物にとって土台となるもので、根がしっかり張ることによって茎葉>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本

    花壇デザイン ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう>>続きを読む


  • マルチングの効果

    マルチング 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク>>続きを読む


  • 葉や花がしおれる

    しおれ 葉のみずみずしさがなくなり、葉や花がしおれたり落ちたりする場合、まず考えられるの>>続きを読む


  • 葉が黄色くなり枯れてしまう

    黄色くなる ほとんどの植物は酸性から弱酸性の土でよく育ちます。強酸性やアルカリ性に傾いてい>>続きを読む


  • 葉の表面が粉のように白くなる

    白い斑点 葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病>>続きを読む


  • 雑草対策と良い土壌の関係

    雑草 ガーデニングや園芸などに於いて雑草と言えば勝手に生えてくる厄介者とされています>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着

    煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカ>>続きを読む


    ガーデニングの基礎知識

  • ガーデニングとは
  • ガーデニングに使う植物の分類
  • 地域の気候とガーデニング
  • 植物に必要な日当たりと環境
  • 植物の栄養、肥料の基礎知識
  • 意外と知らない肥料と活力剤の違い
  • ガーデニングの水やり方法とコツ
  • 病害虫はガーデニングの大敵

    ガーデニングをはじめる

  • 花壇づくりの場所と土
  • 花壇デザインの基本
  • コンテナの選び方
  • マルチングの効果
  • 良い苗の選び方
  • タネまきと苗の育て方
  • さし芽と株分け
  • 花がら摘みと切り戻し
  • 樹木の植え付けと植え替え
  • 鉢替えと植え替えの必要性
  • 芝生の張り方と手入れ

    ガーデニングの土づくり

  • 良い土の条件と作り方
  • 庭土の性質をチェック
  • 土の酸度の確認と調整
  • 土質にあわせた土づくり
  • シーズンオフの土づくり
  • 基本土の種類と選び方
  • 植物に適した培養土の種類
  • 購入時に良い培養土を選ぶコツ
  • 化成肥料の種類と使い方
  • 有機質肥料の種類と使い方
  • 土をブレンドする
  • 使用済み用土の手入れと保存
  • 雑草対策と良い土壌の関係

    病害虫事例対策

  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 葉の表面が粉のように白くなる
  • すすのような黒い粉が付着
  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 白い菌糸が網目状に
  • 地際から根にかけてコブがでる
  • 葉が白いカスリ状 【ハダニ】
  • 白いかさぶた状【カイガラムシ】
  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】

    枯れる原因対策

  • 葉の表面が褐色や黒く
  • 植物の葉数が少なくなる
  • 冬場に葉が萎れたまま
  • 葉は元気だが急に落ちる
  • 根詰まりを起こしている
  • 葉や花がしおれる
  • しおれ気味で根が黒い
  • 葉が周囲から枯れる
  • 葉や花が小さく色が薄い
  • 葉は元気だが花がつかない
  • 鉢植えにしたら生育が悪く
  • 土を変えたら調子が悪く
  • ピートモス使用で調子が悪く
  • 育成が悪く根が黒い
  • 葉が黄色くなり枯れてしまう