芝生の張り方と手入れ ガーデニング .com

芝生の張り方と手入れ

   

ガーデニング.com

芝生の張り方と手入れ

ガーデニング.com>>ガーデニングをはじめる>>芝生の張り方と手入れ

芝生海外のガーデンや家庭の芝生を見て不思議に思われたことはないでしょうか。冬でも芝生は青々として日本でよく見る冬枯れした茶色の芝生と明らかに違います。西洋芝といい寒さに強く、その名の通りおもに欧米で使用されています。


日本で使用されている芝生は高麗芝といい冬になると枯れて茶色の絨毯になってしまう芝生です。日本でも寒い時期でも葉がみずみずしい西洋芝を使えばいいのですがこのタイプの芝生は夏の暑さに弱く、欧米よりもはるかに暑い日本の夏では管理がとても難しいためにゴルフ場など以外ではめったに使われることがないのです。

高麗芝は日本の気候に適した丈夫な芝と言えます。高麗芝は畑で栽培されたものが一定の大きさに切られて切り芝として売られています。芝を植えるために適した環境条件は日当たりがよく、水はけが良いことです。

そしてやや乾燥気味の場所を好みます。ですから芝生を植えたい場所が水はけが悪い場合は表土をかえるなどして水はけをよくする工夫が必要です。

芝生を張るのに適した時期は3月~6月で張り付けは芝を張る場所を20~30cm掘り雑草や小石などを取り除いてから行います。肥料や堆肥、苦土石灰をまき、土の塊を砕いたら水はけが良くなるように緩やかな勾配をつけて整地します。


切り芝を並べたら芝の上に細かい土をかけ、葉が見え隠れするようにほうきなどで軽くならし、十分に水を与えます。芝生の管理で大変なのは雑草取りと刈り込み作業で雑草取りはとにかくこまめにおこない、刈り込みは月に3回程度必要です。特に夏は刈り込みを怠ると暑さで蒸れて傷んだり、枯れたりしますから注意が必要です。

芝の張り方で一般的は方法としては市松張り、目地張り、べた張りの3種類があり市松張りとは切り芝を縦横ともに1枚おきに張る方法で芝が綺麗に張り詰めるまでに約2年かかりますが芝の量が少なくても広範囲に芝を敷くことができる方法です。

次に目地張りとは切り芝同士の間隔を3~5cm開けて張っていく方法で同じ面積を張る場合べた張りが10枚必要なところ目地張りですと8枚分ですみます。べた張りとは名前の通り隙間を取らずに芝をつめて張っていく方法です。根が張ればすぐに綺麗な芝生を楽しむことがでいます。


芝生の手入れといえば芝刈り

芝刈り芝生が元気に育つようになると必ずおこなう作業が芝刈りです。芝刈りは樹木の選定などと違い低い姿勢で多くの葉をカットするといった作業になります。

実はこの作業が思った以上に大変な作業で刈り込みハサミなどで地道に行っていく作業は費用的にはお得ですが芝生を張った面積が広いほど大変な作業になります。

電動のバリカン式などの道具もありますがこれもまた中腰での作業は思った以上に腰にくる作業になるものです。そんなときにやはり欲しくなってしまうのが芝刈り機です。

芝刈り機と聞くと電動で高額なイメージが先行しがちですが一般家庭用に販売されているものは手動のもので1万円を切るものも多数販売されています。

芝刈りの作業を簡単にすることは定期的な芝の手入れをさぼることもなくなり綺麗な芝生を維持するコツでもあります。便利な道具を利用するのも作業を簡単にする方法の一つですね。

芝刈り機をamazonで購入
芝刈り機を楽天で購入


通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 山野草を作り込んでみよう
  • 幸せを呼び込もう!四葉のクローバー特集
  • プレゼントにも最適!気軽に始めるグリーン!

    前の記事>>鉢替えと植え替えの必要性
    次の記事>>ガーデニングの土づくり

    PR プロも太鼓判の植物活力液
    HB-101の使い方と効果


    関連記事

  • 花壇づくりの場所と土
  • 花壇のメリットはコンテナと比較して用土が乾燥しにくいので水やりが楽なことです。そして植物が根をしっかり張れるので地上部の>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本
  • ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう。そのためには家族のライフスタイルや建物>>続きを読む


  • コンテナの選び方
  • コンテナ(栽培容器)には素焼き、プラスチック、木材などさまざまな素材があります。それぞれの特徴を理解して上手に使い分けた>>続きを読む


  • マルチングの効果
  • 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク(樹皮)などで覆うことで地味なテクニック>>続きを読む


  • 良い苗の選び方
  • 市販の苗を購入する際のポイントは育てたい植物の苗が一番多く出回っている時季に購入するということです。目的の苗が店頭にたく>>続きを読む


  • タネまきと苗の育て方
  • 自分でタネをまいて育てるとさまざまな品種や色の花を揃えることができますし市販の苗を買うよりも経済的です。そしてなにより自分>>続きを読む


  • さし芽と株分け
  • 植物の苗を殖やす方法として一般的な方法にさし芽と株分けがあります。さし芽は生育中の植物の茎や枝を切り取り、土に差して根を出>>続きを読む


  • 花がら摘みと切り戻し
  • ガーデニングでは花をよく咲かせ、長く楽しむために咲き終わった花を摘むことを花がら摘みと言います。花がら摘みは日頃の手入れと>>続きを読む


  • 樹木の植え付けと植え替え
  • 色とりどりの花は芝生や樹木のグリーンが前景や背景にあってこそ引き立ちます。特に広い庭でなくても一本のシンボルツリーがあるだ>>続きを読む


  • 鉢替えと植え替えの必要性
  • 鉢植えの植物は通常1年に1回、植物の成長度合や状態によって最低でも2年に1回は植え替えを行うようにしましょう。鉢替えや植え替え>>続きを読む



    このページのTOPへ

    PR 水草 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | カメ | |

    PR


    よく読まれている記事

  • 葉に黒や褐色の斑点ができる

    黒い斑点 斑点性の病気が発生すると葉の表に褐色や黒の斑点が出現しそれが次第に大きくなり、>>続きを読む


  • 良い土の条件と作り方

    良い土 ガーデニングの土は植物にとって土台となるもので、根がしっかり張ることによって茎葉>>続きを読む


  • 花壇デザインの基本

    花壇デザイン ガーデニングにおいてどんな花壇を作りたいか、そのイメージをまずは明確にしましょう>>続きを読む


  • マルチングの効果

    マルチング 園芸やガーデニングにおけるマルチングとは植物を植えた地表面をウッドチップやバーク>>続きを読む


  • 葉や花がしおれる

    しおれ 葉のみずみずしさがなくなり、葉や花がしおれたり落ちたりする場合、まず考えられるの>>続きを読む


  • 葉が黄色くなり枯れてしまう

    黄色くなる ほとんどの植物は酸性から弱酸性の土でよく育ちます。強酸性やアルカリ性に傾いてい>>続きを読む


  • 葉の表面が粉のように白くなる

    白い斑点 葉の表面が小麦粉をまぶしたように白くなっているのは、たいていの場合、うどんこ病>>続きを読む


  • 雑草対策と良い土壌の関係

    雑草 ガーデニングや園芸などに於いて雑草と言えば勝手に生えてくる厄介者とされています>>続きを読む


  • すすのような黒い粉が付着

    煤病 葉の表面の黒い粉の正体はすす病です。植物に直接発生するのではなくアブラムシやカ>>続きを読む


    病気・害虫対策の基礎

  • 庭の草花は病気や害虫が発生しやすい
  • 庭木の病気・害虫対策は予防から
  • 植物を病気にさせない世話の仕方
  • 園芸薬品は正しく選ぶ
  • 園芸薬品をもっと詳しく知りたい
  • おすすめ人気園芸薬品の効果と特徴
  • 薬剤散布の注意点
  • 害虫は補殺が効果的な対策法

    病害虫事例対策

  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 葉の表面が粉のように白くなる
  • すすのような黒い粉が付着
  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 白い菌糸が網目状に
  • 地際から根にかけてコブがでる
  • 葉が白いカスリ状 【ハダニ】
  • 白いかさぶた状【カイガラムシ】
  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】

    枯れる原因対策

  • 葉の表面が褐色や黒く
  • 植物の葉数が少なくなる
  • 冬場に葉が萎れたまま
  • 葉は元気だが急に落ちる
  • 根詰まりを起こしている
  • 葉や花がしおれる
  • しおれ気味で根が黒い
  • 葉が周囲から枯れる
  • 葉や花が小さく色が薄い
  • 葉は元気だが花がつかない
  • 鉢植えにしたら生育が悪く
  • 土を変えたら調子が悪く
  • ピートモス使用で調子が悪く
  • 育成が悪く根が黒い
  • 葉が黄色くなり枯れてしまう