花がら摘みと切り戻し ガーデニング .com

花がら摘みと切り戻し

   

ガーデニング.com

花がら摘みと切り戻し

ガーデニングでは花をよく咲かせ、長く楽しむために咲き終わった花を摘むことを花がら摘みと言います。花がら摘みは日頃の手入れとして欠かせない作業で花がらをいつまでもつけたままだと自然に結実して株が弱り二番花が咲きにくくなってしまいます。また花がらはかびや病気の原因になることもありますので用土に落ちた花びらや枯葉もこまめに取り除くようにしましょう。

花がらはタネのできる部分すべてを花茎の元から手やはさみで摘み取ります。タネのできてしまったものも取り除くようにしてください。

切り戻しで花を長く楽しむ

晩春から秋まで咲き続ける植物は梅雨明け頃に側枝を刈り込むことで再び新芽をつけて花を咲かせ、晩秋まで楽しむことができます。

このような作業のことを切り戻しといい、切り戻しに向く花は、四季咲きベコニア、インパチエンス、ペチュニアなど初夏から秋にかけて咲く、花期の長い草花です。切り戻しの時季は梅雨明け頃から8月上旬頃にかけて行います。

切り戻したあとは速効性肥料の追肥を与え二週間ごとに追肥を続けます。同じような方法に生長中の先端の芽を摘む、摘心(ピンチ)があります。生長点である先端の芽を摘むことで背丈が低くなりわき芽が伸びて全体にボリュームが生まれ花もよく咲くようになります。


ガーデニング の基礎知識

  • ガーデニングとは
  • ガーデニングに使う植物の分類
  • 地域の気候とガーデニング
  • 植物に必要な日当たりと環境
  • 植物の栄養、肥料の基礎知識
  • ガーデニングの水やり方法とコツ
  • 病害虫はガーデニングの大敵
  • 花壇づくりの場所と土
  • 花壇デザインの基本
  • コンテナの選び方
  • マルチングの効果
  • 良い苗の選び方
  • タネまきと苗の育て方
  • さし芽と株分け
  • 花がら摘みと切り戻し
  • 樹木の植え付けと植え替え
  • 芝生の張り方と手入れ
  • PR

    ガーデニングの土づくり

  • 良い土の条件と作り方
  • 庭土の性質をチェックする
  • 土の酸度の確認と調整
  • 土質にあわせた土づくり
  • シーズンオフの土づくり
  • 基本土の種類と選び方
  • 土をブレンドする
  • 使用済み用土の手入れと保存
  • 枯れる原因対策

  • 葉の表面が褐色や黒くなる
  • 植物の葉数が少なくなった
  • 冬場に葉がしおれたまま
  • 葉は元気なのに急に落ちる
  • 根詰まりを起こしている
  • 葉や花がしおれる
  • しおれ気味で根が黒い
  • 葉が周囲から枯れる
  • 葉や花が小さく色が薄い
  • 葉は元気だが花がつかない
  • 鉢植えにしたら生育が悪く
  • 土を変えたら調子が悪く
  • ピートモス使用で調子が悪く
  • 育成が悪く根が黒い
  • 葉が黄色くなり枯れてしまう
  • 病気・害虫対策の基礎

  • 病気・害虫対策は予防から
  • 薬剤は正しく選ぶ
  • 薬剤散布の注意点
  • 害虫は補殺が効果的な対策法
  • 病害虫事例対策

  • 葉脈に沿って緑色が抜ける
  • 葉に黒や褐色の斑点ができる
  • 葉の表面が粉のように白くなる
  • すすのような黒い粉が付着
  • 葉に斑点ができ凹凸ができる
  • 花にシミができ枯れてしまう
  • 根元から突然倒れて枯れる
  • 下葉から黄色くなり枯れる
  • 白い菌糸が網目状に
  • 地際から根にかけてコブがでる
  • 葉が白いカスリ状 【ハダニ】
  • 白いかさぶた状【カイガラムシ】
  • 白くて小さな虫 【コナジラミ】
  • 白い筋状の模様【エカキムシ】
  • 葉に虫食いの跡【アオムシ】
  • 葉や枝に群生 【アブラムシ】
  • 花や若芽が食害 【ナメクジ】
  •  【PR】 登山LIFE.com 登山・トレッキング・山登り・ハイキング・山歩き 自然を楽しむ情報サイト